こころの病気を知る

社会不安障害

他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたすことを、社会不安障害といいます。

原因はまだはっきりとは分かっていません。神経伝達物質が発症に関わっているのではないかと考えられています。

  • 権威ある人と面談する
  • 人前での行為や会話
  • 知らない人との会話
  • 会議で意見を言う
  • 試験を受ける
  • 人前でお腹がなる
  • 人前でおならが出る
  • 自宅外でトイレへ行かなければならない



SADで現れやすい症状

  • 顔が赤くほてる
  • 脈が速くなり、息苦しくなる
  • 汗をかく
  • 手足、全身、声の震え
  • 口が渇く
  • トイレが近くなる

薬物治療

SSRI
長所:予期不安や広場恐怖にも有効、副作用が少なく安全性が高く、長く続けていても依存性を生じない
短所:即効性がない。

BZD
長所:安全性が高く、即効性である
短所:長く続けていると依存性を生じやすい。

β遮断薬
高血圧症等に用いられる薬ですが、効果があまりみられないとされています。

精神療法

認知療法
不安な気持ちが起こるメカニズムを勉強し、自らに不安感を引き起こしてしまう誤った認知パターンを修正できるようにする。

行動療法
不安が生まれる状況にあえて飛び込んで、刺激に身を曝す「曝露療法」を行います。

社会不安障害

疾患を理解すること

治療可能だということをよく理解して、周囲の人々にも正しい理解を持ってもらうことが重要です。

薬物治療により効果が出始めても、服用をやめることは症状の再発を招く危険性があります。

社会不安障害 松山市 心療内科 三番町メンタルクリニック

ページの先頭へ