こころの病気を知る

双極性障害(躁うつ病)

双極性障害は、うつ状態だけが起こる病気を「うつ病」といいますが、このうつ病とほとんど同じうつ状態に加え、うつ状態とは対極の躁状態も現れる病気です。

双極性障害は、うつ状態では死にたくなるなど、症状によって生命の危機をもたらす一方、躁状態ではその行動の結果によって社会的生命を脅かす、重大な疾患であると認識されています。

双極性障害の原因は、まだ解明されていません。

精神療法やカウンセリングだけで根本的な治療をすることはできません。

躁状態
ほとんど寝ることなく動き回り続け、多弁になって家族や周囲の人に休む間もなくしゃべり続けます。仕事や勉強にはエネルギッシュに取り組むのですが、ひとつのことに集中できず、何ひとつ仕上げることができません。

軽躁状態
いつもとは人が変わったように元気で、短時間の睡眠でも平気で動き回り、明らかに「ハイだな」というふうに見えます。

うつ状態
何とも形容しがたいうっとうしい気分が一日中、何日も続くという「抑うつ気分」と、すべてのことにまったく興味をもてなくなり、何をしても楽しいとかうれしいという気分がもてなくなる「興味・喜びの喪失」の二つが、中核症状です。

薬物治療
双極性障害には、気分安定薬と呼ばれる薬が有効です。

精神療法
双極性障害は、単なるこころの悩みではありませんから、カウンセリングだけで治るようなものではありません。しかし、病気をし理解する心理教育は重要です。

双極性障害から人生を守ることができるのは、患者さんだけです。患者さん自身がいかに早く主体的に再発予防に取り組み始めることができるか、それがその後の人生に大きな影響を及ぼすことを知ってください。

また、薬を飲んでいても再発する場合はあります。自分自身で再発の兆候を把握しておき、異変を感じたらすぐに受診し、再発の波を最小限にとどめることをめざしてください。

ページの先頭へ

双極性障害 松山市 心療内科 三番町メンタルクリニック